今月のお便り

5月!学習の土台を作るコツ

5月に学習の土台作り

ゴールデンウィークも終わり、5月はいよいよ学習に本腰を入れたい季節です。

新しい環境に馴染んできて、あとは大丈夫そうだなーと、子どもに勉強のペースを任せ、ちゃんとやっているか確認せずに放置はしていませんか?

学習の土台作りを5月にするワケ

5月は学習をしっかり安定させ、学習量を増やすのに大切な時期です。

子どもたちを見ていると、5月で「勉強をしっかりやる子」「慣れてやらなくなる子」とはっきりと分かれていきます。

5月で、学習する習慣を確実なものにして、ブレない土台を作り上げましょう。ここは、子どもではなく、親がちょっと頑張らないといけない時期ですよ😊

このタイミングを逃すと、以後、1学期に勉強量を増やしたり、勉強の仕方を変えたりするのは難しくなってきます。

6月は梅雨に入り、暑苦しく、どんより重い空気が学校を流れます。また、祝日が少なく子どもたちにとっては辛く長い季節です。

5月に野放しにしてしまい、6月に引き締めることは困難です。梅雨が明ければ夏休み。

5月で学習姿勢が決まる、そんな大切な季節です!

ブレない学習習慣を身につけるコツ

勉強のやり方や時間など、決めたことは守る

子どもたちは学校生活に慣れてきて、「このくらい適当でも今年の先生は大丈夫」と面倒なことを最小限にしたり、「やりたくないなあ」と思う気持ちを押し通せるかどうか試そうとする時期です。

ここで緩ませると、復帰は難しいですよ。そう覚悟して、断固としてブレない対応をしましょう。適当は許しません。ここは親としてぜひ頑張ってほしいところです。

じゃあ、明日からちゃんとやりなさいね。はダメですよ!5月は、決めたことはちゃんとやる。習慣で反射的にやる。隙を与えないことです。1ヶ月かけて習慣化しましょう。

また、余裕があるようならば、勉強量を増やしていきましょう。難しい課題を増やすより、「量」や「時間」を増やすのに適している時期です。

5月のテーマは学習の「習慣化」です。そして、増やした時間を毎日ブレずに必ずやり、習慣化、定着するのに最適です。

お母さんも一緒に自分の勉強をしましょう

子どもは勉強が習慣化するまで苦しいものです。お母さんやお父さんが当たり前にまずはそれをやりましょう。

共働きの方は休日は一緒に勉強する時間を確保しましょう。

親ができないことは子どもはできません。

親自身が面白い!勉強は大切だ!そう思って意気揚々と学ぶ姿を見せ続けることがとても大切です。

遊びたいなあ、やりたくないなあ。そう思っても、目の前で一緒に本を広げ、集中して勉強しているお母さんを見て、子どもはまた不思議とちゃんと自分の手元に目が戻ります。

自分はやりたくないことをやらされている。子どもはそう思います。

でも、お母さんが真剣に机に向かい、勉強している姿を見ると、子どもは本当に変わっていきます。それを根気よく継続して見せることが5月の大切なことです。

もし、自分がやってみて日々勉強することの難しさを感じたなら、それはそれで、大きな収穫です😊子どもの褒め方や励まし方、子どもに対する見方が変わるはずですよ!

投稿者 岬

教育と星読みのコラボ!

教育の専門家によるお母さん向け星読み講座を開催中です🌸

全ての子に同じやり方が効果的とは限りません。我が子の星を知って特性に合った教え方や声かけをしましょう。子どもが自分らしく伸びていきます!

次回講座:5月18日(水)

 misaki 森田 岬 Morita Misaki

特別支援学校で教師として15年勤務後、退職してFAMITを設立。現在は自然療法、占星術を使ったデータ解析、特別支援教育アドバイザーとして活動中です。
専門:小中理科、高校化学、特別支援学校 ▶more

 rie-8 松川 りえ Matsukawa Rie

システムエンジニアを経てフリーランスで働く主婦。お母さんとお子さんに寄り添い、共に成長を見守っていきます。
専門:算数、数学、情報教育 ▶more