今月のお便り

6月を乗り切るポイントは〇〇な刺激

6月カレンダー

6月になると急に気温が上がり、暑さと梅雨の湿気でどんよりする季節ですね。

6月は長い1ヶ月

6月は祝日が少なく、あとは夏休みまで休みがないのかぁ・・・と、子どもも大人も長いなあ😅と感じる1ヵ月です。

しかも、大人と子どもでは「時間」の感じ方が違いますよね!

大人が夏の休暇はまだかな〜と思っている感覚は、子どもたちからすると、夏休みは「はるか彼方」「ずーっと先💦」という感覚です。

そんな長い長い1ヶ月を、どうやって乗り切るとよいと思いますか?

6月を乗り切るポイント

変わらない毎日が続いてつまんない。と感じやすい6月には、新しい刺激で好奇心UP!が一番のポイントです!!

今までと違うやり方を取り入れて、創意工夫するのがおススメです。

ただ日々の宿題を繰り返しさせるのではなく、工夫して、「面白さ」「新鮮さ」を入れて小さなワクワクの刺激をビリビリ入れましょう。

耳で学習する

私の家ではこの時期には恒例の音声収録をしています。

昨年の「理科」「社会」の教科書を読んでもらい、ボイスレコーダーで録音します。

1ヶ月〜夏休み前までを目標に1年分、全てを収録します。

そして、家の中や移動の車の中で、子どもたちの「声」を1.5〜2倍速で再生するのです!

子どもたちはいつも大爆笑😆自分の声が変になってるー!!って言いながらも”よく聴いて”います。

また、「収録してこれが残るんだ!」と思うと、収録前に、何度も繰り返し読んで、カッコよく声を入れたいと必死になります。

真剣に読み、何度も自分から練習してくれます。

「完璧になったらママ呼んでー!」で放置していても、超熱心に練習しているので、家事がはかどるおまけ付き😂

昨年、録音した内容もよーく覚えていますよ!!

夏休みの旅行の車内BGMは子どもたちの声で大爆笑&ついでに復習です👍

アプリを使ってみる

暑くてジメジメ、勉強つまんない、夏休みまだかなーとダラダラしやすいこの時期。

問題を書いて解くだけでなく、「耳で学習する」こと、アプリなどを使って「目で学習する」ことなど新しい刺激をぜひ入れてみてくださいね!

作戦を立てて乗り切りましょう

新しいことをやらせたいと思っても、お子さんが思うように動いてくれずに困ってしまう😅どうしたら子どもを動かせるの?と、質問をされます。

まずは、お子さんの個性や性格を熟知し、「作戦と戦略」をしっかり立てましょう!

自分がやる気になる言葉と、お子さんがやる気になる言葉は違います。

「ガミガミ言わないとやらない」関係性は年齢が大きくなるにつれて、反発と離脱につながりますから、思春期になる前に、お子さんの性格をよく知り、先手、先手で対処できるようにしてくださいね!

投稿者 岬

5月に学習の土台作り
5月!学習の土台を作るコツ ゴールデンウィークも終わり、5月はいよいよ学習に本腰を入れたい季節です。 新しい環境に馴染んできて、あとは大丈夫そうだなーと、子...
宇宙飛行士の大西さんが宇宙を目指せたワケ 宇宙に長期滞在を果たした日本人宇宙飛行士の大西卓哉さん。 彼のドキュメンタリーを子供を一緒に見ていて、とても素晴らしいコメントを残さ...
ツボる子育て

お子さんのツボを押さえた教え方や寄り添い方があります!我が子の星を知ると性格や個性(その子のツボ)がわかります。子どもとの付き合いが楽になり、子どもは自分らしく伸びていきますよ🌸

星読みの基礎&自分と子どもの星が分かる講座を開催中です!

次回講座:6月20日(月)

 misaki 森田 岬 Morita Misaki

特別支援学校で教師として15年勤務後、退職してFAMITを設立。現在は自然療法、占星術を使ったデータ解析、特別支援教育アドバイザーとして活動中です。
専門:小中理科、高校化学、特別支援学校 ▶more

 rie-8 松川 りえ Matsukawa Rie

システムエンジニアを経てフリーランスで働く主婦。お母さんとお子さんに寄り添い、共に成長を見守っていきます。
専門:算数、数学、情報教育 ▶more